読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

ムーミン谷はやさしい光に溢れていた

Photo D750 公園 紅葉

ここのところ続いているカメラ・レンズで2016年を振り返るシリーズを少しお休みして、娘と散歩がてら遊びに行ったムーミン谷こと「あけぼの子どもの森公園」のことを書いてみます。(なお、あけぼの子どもの森公園はオフィシャルにムーミン谷とは言っていません。2017年に同じく飯能市にメッツァ(Metsä)というオフィシャルなテーマパークがオープン予定です)

この週末、体調が悪かったり(酷い鼻炎に悩まされているのです)予定が調整できず秩父夜祭に行けなかったりと、ちょっとフラストレーションが溜まってましたので、軽く散歩のつもりであけぼの子どもの森公園に行ってきたのです。

まだまだ紅葉まっさかりだった

DSC_8211.jpg

時期的に紅葉はもう終わっているかなと思っていたのですが、公園に着いてみるとなんとギリギリまだ見頃といった感じです。持ってきたカメラはF3とD750。それぞれにNikkorの35mmとPlanarの50mmを付けて、取っ替えながらパシャパシャやってきました。

覚えたてのテクニックでファンタジックに

DSC_8271.jpg

先日、我が家のたま(ネコ)を撮りながら編み出したテクニック、Planar開放逆光をさっそくフィールドでも実践です。ソフトフィルターでも使ったかのようにシルキーに光が拡散してとてもファンタジックに写りました。おじさん、完全にこのテクものにしましたよ。

DSC_8289.jpg

池というか小川をぐるっと回り込んでもう一枚。
奥からふわ〜っと差し込んでくる光がやさしさに溢れています。

この写真を撮った後、ふと前の道を見上げてみると・・・

DSC_8292.jpg

あ、これ全部盛りのやつだ・・・
みたいな光景が広がっていたので、全部盛りにしました。逆光・フレア・紅葉・木漏れ日・苔に周辺減光などなど。

DSC_8301.jpg

上り坂の途中でいい光があったので、駆け下りてまた一枚。

DSC_8310.jpg

最後に屋根の間から見えた青空と紅葉。
多分これが今年最後の紅葉写真かな?

それにしてもツァイスの写りにすっかり魅了されています。
50mm以外の焦点のレンズもいつか揃えてみたくなってしまいます。

お題「紅葉2016」

フォトグローブとして mont-bell クリマバリア フィッシンググローブを買ってみた

Camera&Lens

以前、悩み続けていた冬場のカメラグローブ選びでようやく決定打になるものを見つけられたかもしれないというエントリーを書きました。

www.spaceflier.com

その後、あちこちの店舗で良さそうなモノはないかと探したものの有力なものが見当たらなかったので mont-bell クリマバリア フィッシンググローブを購入してみました。

f:id:sfTKL:20161204105308j:plain

ガチな冬山などではさらにオーバーグローブなどが必要になると思いますが、クリマバリアという防風・透湿素材が使われているので、私が想定しているスキー場や冬の街中では十分な保温性だと判断しています。

ここまでは至ってありきたりなグローブ。
このクリマバリア "フィッシング"グローブの良いところはここからです。

f:id:sfTKL:20161204110526j:plain

釣り用であることから、細かい操作をするために生地の厚みもほどよく、カメラを握ったときのグリップ感は良好。さらに親指・人差し指・中指を露出することができるのです。
そして、めくった指先はご覧のように甲側のバンドで固定することができて邪魔になりません。

不思議なことに生地の厚みはこれまで使ってきたトレイルラン用のグローブよりも厚手なのに操作感は良く感じます。

f:id:sfTKL:20161204112052j:plain

実際に装着するとこんな感じです。
左手は中指まで出さなくても良いかと思いますが、ズームリング・フォーカスリングをスムーズに操作できます。

装着感は先日モンベルの店頭で試した通りのファーストインプレッションですが、実際の防寒性・防水性はフィールドで使いながら確認していこうと思います。(Amazonのレビューでもカメラグローブとして使っているというものがいくつかあるので信頼はできそうです)

実力はいかほど?F2.8の廉価ズーム TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di A09NII

Photo Camera&Lens

カメラ・レンズで2016年を振り返るシリーズ第三弾。
今回は TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di A09NII です。F2.8通しズームでありながら実売3万円前後とニコンやキヤノンのみならずペンタックスユーザーでも気になっている方はいるレンズではないでしょうか?

www.spaceflier.com

最初に結論を書いてしまうとコスパのレンズです。
画質を求めるなら各社の24-70mm F2.8や24-105/120mm F4あたりのレンズを選ぶべきだと思いますし、実際描写力では及びません。

しかし、このレンズは実売3万円で買えるF2.8通しのズームなのです。当然それなりに割り切りは必要ですし過度の期待は禁物です。そういった状況を踏まえた上で、単焦点中心でフルサイズのシステムを組んでいる人にとって、押さえのズームとして考えると非常にありがたい存在ではないかと思います。

実際の写りは?

DSC_0549.jpg

絞り開放ではややふわっとした描写。同じく開放付近がふわふわするPlanarのようなシルキーなものではなく、ちょっとざわつく感じがあります。

DSC_0612.jpg

DSC_0560.jpg スピードを稼ぎたいときには開放で

要は価格なりということなのですが、そうはいっても光が少なくシャッタースピードを稼ぎたいときにF2.8が選べるというのはありがたいかぎりです。価格なりのズームレンズとなると大体明るくてもF3.5始まりだったりしますしね。

周辺減光や各種収差は?

DSC_0625.jpg

周辺減光や歪曲収差もしっかりあります。
歪曲は無いに越したことはありませんが、周辺減光はシチュエーションによってはメリットにもなったりするので、ものは考えようです。

Chinese alligator 絞ればキリッと

もちろん絞ればキリッとした描写になるので、光量があるシチュエーションでは不自由を感じません。遅いと言われるAFも最近のレンズと比べればという程度で、普段使っていて使い物にならないと感じたことはありません。

結局

ここまでのところ、あまり褒めていないような気がしますが、所詮安レンズと切って捨てるには惜しいレンズだと思います。絞らなきゃダメならF4通しの24-105mmや24-120mmでいいじゃないかという話も出てくるかも知れませんが、このレンズは3万円前後でいざとなったらF2.8が選べるのです。

そして、押さえでとは言え、軽く明るいズームレンズだからこそ持ち歩きやすくなるわけで、持ち歩いていたからこそ降って湧いたチャンスに対応できたということもあります。

Milkyway / Niigata Japan 国道沿いの道の駅で偶然出会えた天の川

おそらく510 gという重量でなければ、この写真を撮った日に持ち出していなかったでしょうし、描写性能だけがレンズの価値では無いということを教えてくれたレンズです。