読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

2017 川越の桜(撮影情報などふりかえり)

もうすぐゴールディンウィークにさしかかろうというこの頃、八重桜は見頃ですが、すっかり世間は新緑ムード。今さら桜の写真というのもやや季節外れ感がありますが、今年撮った川越の桜をまとめておこうと思います。撮影直後のハイ状態から冷静になっているので現像やトリミングもすべてやり直しています。

川越の桜のベストショット的な意味合いもあるまとめです。

天台宗別格本山 中院

まずは中院の桜から。
時系列では夜、翌日の雨、その後の晴れという順で撮影したのですが、振り返ってみるなら晴れ→雨の順がいいかなと。(夜は煮詰めきれませんでした)

晴天の桜

中院の桜

立派な枝垂れが有名な中院、敷地の密度が高くそこそこ混雑もあってポジションに自由度はないので、光の状態は昼過ぎ〜日暮れごろが良さそう。この桜は松との対比をうまく生かしていきたいですね。

中院の桜

課題はこのエントみたいな桜をどう撮るかですね。別に撮らなきゃいけないわけでもないので撮らなくたっていいんですけど、夜も含めて最後までコレだという構図が見えませんでした。

雨天の桜

同じ場所でも晴れと雨でこれほど表情がかわります。雨の桜は撮っている最中からうねった枝を使ったフレーミングなどを考えていたので、スクエアにしたらスッと腑に落ちました。

中院の桜

中院の桜

中院の桜

喜多院

こちらは中院から歩いてすぐの喜多院の桜。
観光名所でもあるので普段から喜多院は人でごった返していますが、この日は花見のお祭り気分も手伝ってとにかく楽しい空気に満ちていました。

喜多院の桜

喜多院の桜

喜多院の桜

新河岸川

川越氷川神社の裏手を流れる新河岸川沿いの桜並木。これまで見事だということは知っていたものの自宅からはちょっと行きにくく二の足を踏んでいた桜並木です。今年はたまたま晴れ・平日・駐車場もすんなり見つかるという幸運が重なったので、三脚を据えて落ち着いて撮ることができました。

新河岸川の桜並木

新河岸川の桜並木

新河岸川の桜並木

川の両岸から覆うように枝を伸ばした桜のトンネルを川面ギリギリから眺めることができる場所というのは嬉しいですね。地図で流れる方向を改めて見てみると、早朝なら桜のトンネルに一直線に朝日が差し込んでくるような写真が撮れそうです。

前夜に雨が降った晴れの朝なんて・・・ いや、これ以上は望みすぎなのでやめておきましょう。

撮影機材

年末年始からこの春にかけて、自分でもやり過ぎだと自覚するぐらいのペースで機材の更新をしてしまいましたが、ようやく落ち着きました。撮れる写真のできはともかくとして、とても安心感のある道具が揃えられたなと感じています。

ZUIKO AUTO-W 21mm F3.5

夕陽に染まる秩父羊山公園の桜

秩父の羊山公園と言えばゴールデンウィークの芝桜で有名です。先日、芦ヶ久保の日向山へハイクしに行った際、ちょうどいい時期じゃないかなと夕方の羊山公園へ桜を見に行ってみるプランを組んでいました。

羊山公園は桜も良いという話は聞いていたものの、事前に開花情報はあまり調べていなかったので咲いていたらラッキーかな?ぐらいの軽い気持ちで訪れてみました。午前中のハイクである程度いい頃合いかなという予想はしていたのですが…

羊山の桜

菖蒲田口から入って誘導員に従い車を駐めて降りてみると、すでに見事な桜が咲き誇っているではないですか。期待が高まります。

芝桜の丘

羊山の桜

舞い散る花びらの中を抜けて芝桜の丘へやってくると芝桜も見事。ピークはゴールデンウィークに合わせているのか植え込みは敷地のちょうど半分ほどですが、とても鮮やかな武甲山を見ることができました。

EM126673-HDR.jpg

こちらは振り返って夕陽と一緒に。

羊山の桜

陰った窪地に咲く一本桜も夕陽に照らされ美しく輝いていました。斜光に浮かび上がる桜は定番っぽさはありますけど、定番になるだけの理由はあります。

圧巻の桜

しかし羊山の桜は芝桜の丘ではなく、中央口の手前(P3周辺)の桜が本領です。

羊山の桜

視界を埋め尽くす色とりどりの桜に圧倒されます。

羊山の桜

あちらを向いてもこちらを向いても一面の桜。

羊山の桜

この桜の下でのお花見では「花より団子」なんて言えないほどの景色が見えることでしょう。

羊山の桜

最後はこの日のベストショットで締めくくります。成り行きまかせで来たものの実は冬からこの構図は狙っていました。とはいえ、ここまで見事に望んでいたシチュエーションに恵まれるとは思っていませんでした。

この日は家族で日向山ハイクから珍達そば、そして圧巻の桜と心身ともに大充実の一日になりました。

One more thing

実はこの日、もうひとつの嬉しい出来事がありました。

昨年、写ルンですで素敵な写真を見せてくれたものの、その後しばらくカメラに興味を示さなかった娘がE-PL6(PEN LITE)を気に入ったらしく楽しそうに写真を撮る姿を見せてくれたのです。

それだけならカメラおじさんのよくある話だと思うのですが、初めて私たち夫婦の写真をニコニコしながら撮ってくれました。

しかし、しかしですよ。驚かされたのはそれだけじゃなく…

これですよ。本当になんなのですか?このポテンシャルは…
正直、父は自信を失いました。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 EZレンズキット ホワイト E-PL6 EZ LKIT WHT

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 EZレンズキット ホワイト E-PL6 EZ LKIT WHT

SUUMOタウンへ寄稿しました

_8180004-Pano.jpg

ご縁がありまして、この度SUUMOタウンへ寄稿させていただきました。

最初に担当いただいた編集氏より暮らしている街、好きな街への想いを好きなように書いて下さいと仰っていただいたのですが、これがなかなか難しくて。

もちろん最初に候補にしたのは今現在暮らしている川越の街。しかし、比較的最近に川越については書かれたばかり。では秩父や飯能はどうだろう?と想いを巡らすもののこれらの街にはまだまだ遊びに行く感覚。暮らしを軸に語るのには地元の方に失礼かなと考えたところで編集氏へ過去に書いた記事を読んでもらいつつ、その周辺のエピソードを語ったところ…

これで行きましょうと(笑)

とはいえ全編広島弁ではちょっと厳しいですし、なによりそのまま掲載するのもアレなエピソード(友人諸氏に多大な不名誉を与えてしまいます)も多すぎでした。

他にも自分の部屋に積まれた謎の箱が鹿だの猿だのの骨格標本(父の資料)だったりとか、夕飯前に猪の解体(これも父の資料)を手伝わされたりだとか、特殊過ぎるエピソードは端折りつつも、私の半生をぶちまけたような記事になっておりますので、広島ってこんな一面もあるんだと感じながらお読みいただければ幸いです。