読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

幻のマクロレンズ Elicarに出会った

f:id:sfTKL:20170311094111j:plain

以前、マクロレンズについてのフォーラム巡りをしていた時に、ちらっとElicarというブランドのマクロレンズが素晴らしいという記述を目にしたことがありました。以来Elicarのマクロレンズに触れられる機会が無いかと探し続けていたのですが、意外にも会社近くのカメラ店で出会うことができました。(実際は兄弟レンズです)

Elicar V-HQ Macro 90mm F2.5

Elicar V-HQ Macro 90mm F2.5というのはタパック・インターナショナルという日本の会社が設計し海外で販売していたようです。対応マウントもCanon FD、Nikon Fを始めとしてOMやM42などかなり幅広く対応していたようです。製造については数社あったらしく中でもコミネ製のものが評判がいいっぽい。コミネについてはすでに無くなってしまった会社らしく詳細はわかりません。

Elicar V-HQ Macro 90mm F2.5

Flickrにもグループがありました。無視が苦手な方は開かない方がいいですが、その写りにはゾクッとします。

www.flickr.com

ちなみにこのレンズにはいくつもバッジ違いの兄弟がいるようで、VivitarやPanagorにRokunarやSoligorなどのブランドで販売されていたそうです。エクステンションチューブなどを使用せずに等倍撮影までこなせるというのが売りだったようです。次のリンクはペンタックスユーザーのフォーラムで、様々なバリエーションがあることがわかります。

Panagor 90mm f2.8 Macro PMC Lens Reviews - Miscellaneous Lenses - Pentax Lens Review Database

また、このフォーラム内のページからElicar Super Macro V-HQ 1.25:1 / 90mm F2.5のページへのリンクがあり、それを辿ってみると小さなサムネイルですが白いモデルと黒いモデルが確認できます。この白いモデルが通称「白エリカ」と呼ばれるもののようで、最小絞りはF32となっているので回転角は380°のバージョンだと思われます。つまり、白エリカ見たら迷わず買っとけということですね。(後述しますが回転角と最小絞り値にも2つのバリエーションがあるようです)

Elicar Super Macro V-HQ 1.25:1 / 90mm F2.5 Lens Reviews - Miscellaneous Lenses - Pentax Lens Review Database

f:id:sfTKL:20170311184022j:plain
PentaxForumsより「白エリカ」

さて、私が出会ったのはそれらのバリエーションの中のひとつで、Panagor 90mm F2.8 Macro PMCというレンズ。

Panagor Auto Macro 90mm F2.8

開放F値がちょっと違うのですが、後に別の兄弟であるVivitar 90mm F2.8 MacroがF2.5にモデルチェンジしたという記述もありますので、いくつかのバリエーションのうちの一つでしょう。見た目はVivitarもPanagorもElicarとそっくりです。

Vivitar 90mm F2.8 Macro

実写してみた

お店の方にお願いして実写してみました。M42マウントだったのでM42toEのアダプターをお借りして私のα7IIへ装着です。90mm F2.8という割に大きく太くズシリと重い。

f:id:sfTKL:20170311093843j:plain Panagor 90mm F2.8 Macro PMC / F2.8

f:id:sfTKL:20170311093938j:plain Panagor 90mm F2.8 Macro PMC / F5.6

f:id:sfTKL:20170311094008j:plain Panagor 90mm F2.8 Macro PMC / F8

先ほどのVivitarのリンクによればZUIKO 90mm F2 macroには及ばないと記述はあるものの、ファインダーを覗いた感想としては開放からPlanar 1.4/50をF4以上に絞った時のシャープネス・コントラストを超えていてF5.6あたりでピークがくる感じ。接眼した時点で分かるその切れ味は素晴らしいという言葉を贈るほかありません。

続いてお店の中から表の通りを。ピントは写ルンです。

f:id:sfTKL:20170311094111j:plain Panagor 90mm F2.8 Macro PMC / F2.8

f:id:sfTKL:20170311094127j:plain Panagor 90mm F2.8 Macro PMC / F5.6

古いレンズですがフリンジはあまり目立ちませんし、マクロレンズだけあって歪み無く隅々までクリアに写りますね。しかしちょっとした問題がありまして・・・

完全にマクロ仕様

さて、描写が素晴らしいのは分かったしお値段も3万円を切ってる。そして次にいつ会えるかわからないので思わず買ってしまいそうになったのですが、このレンズ、困ったことに完全マクロ仕様なのです。

それで何が困るの?といいますと、フォーカスリングの回転角がなんと970°もあり、回転はスムーズなもののとても重くてとてもじゃないですがスナップ用途には使えません。完全にマクロ用途でしか使わないという場合であればこの使用もメリットなのですけどね…
(ちなみに回転角が大きめと言われるPlanar T* 1.4/50でも120°、中望遠で回転角が大きくなることを差し引いても970°というのはかなり回転角が大きいと思います)

回転角が380°、最小絞りがF32のバージョンもあるそうなので、そちらだったら即決だったかなぁ。 (こちらが先述の「白エリカ」のようです)

55mm F2.8もすごい

実は、同じカメラ店にVivitarの55mm F2.8 macroもあって気になったので、帰宅してからFlickrでチェックしてみたところ、こちらの方がより好みかもという写りでした。

www.flickr.com

おまけ

この記事に出てくるElicar 90mmとそのバリエーションを製造していたコミネについては詳細は不明となってしまいましたが、設計をしていたタパック・インターナショナルは今でも存在していてELICAR V-HQ 300~600mm [IF&ED] f/4.1~5.7 MACRO 1:4というレンズを販売しています。

shop.aspen.co.jp

秩父で追いかける小さな自然

DSC01412-HDR.jpg

わらじかつでお腹を満たした(いや満たしすぎた?)後はそろそろ見頃を迎えようというミューズパークの梅園で少し早めのお花見です。ミューズパークの梅園は武甲山を正面に望む斜面に600本ほどの梅が咲く公園で、天気も良く暖かだったこの日は梅を愛でるには最高の日でした。

ミューズパークの梅園は小鳥がいっぱい

この日の狙いは梅とメジロを合わせたウメジロー。今年は通勤途中に河津桜とメジロの組み合わせは撮れたものの、梅とメジロの組み合わせには出会えていません。

梅を愛でつつメジロにも期待しつつ、その他の小鳥も注意深く観察していると頭上からコツコツと響く音。音がする方を見上げてみるとコゲラ(キツツキ)がいました。

EM122817.jpg

今回もE-M1 MarkIIでプロキャプチャーモードを使って樹上の小鳥を追ってみます。しかし、相手は小さく動きの速い鳥。いくらカメラが高性能でもにわか仕込みではなかなかうまく捉えられません。ピントは合っていても速い動きを止めきれず歩留まりで言えば1%とかその程度。

EM122905.jpg

視線を他の木へ移してみるとこちらにはエナガ。枝の上をぴょんぴょん飛び跳ねながら樹皮の下の虫をついばんでいるようです。こちらもコゲラと同じくしっかり止まったのはほんのわずか。自宅に帰って撮影設定を確認してみると最低でも1/2000以上のシャッタースピードは必要なようです。

他にもシジュウカラなども追いかけてみましたが、なかなか思うようにはいきませんね。結局メジロにも会えず仕舞いでしたし、小鳥の生態を学ぶところから始めないとと痛感しました。

春を満喫しているのは小鳥だけではない

EM122615.jpg

さて、小鳥には惨敗だったものの花の周りをチラチラ飛び回るものが他にもいます。それはミツバチ。近寄る人間に脇目も振らずせっせと働く姿がかわいらしい。

鳥も押さえられないのにより小さく速いミツバチなんてと思わなくもないのですけど、こちらも望遠撮影ならではの世界があります。MZD 40-150mm F2.8に1.4倍テレコンを装着して210mm(420mm相当)。それをさらにガツッとトリミングしているので画角は1000mm相当ぐらいでしょうか。

EM122944.jpg

苦労しながらあっちこっちに飛び回るミツバチをなんとかフレーミング。シャッタースピードを1/2500まで上げてようやく羽が写りました。完全に止めるには1/4000以上が必要な感じ?よく見ると後ろ足の根元に花粉団子が着いています。

EM122953.jpg

逆光に透ける梅の花とミツバチ。1/1000では枝先のほんのわずかな揺れでも拾ってしまうようです。今回の経験を踏まえて次回はもう一歩突っ込んだ撮影をしてみたいと思います。両眼視も鍛えなきゃね。

夕日に染まる秩父

DSC01530-HDR.jpg

日が傾く頃までミューズパークで散策を楽しんだら、最後に羊山へ寄って夕日に染まる武甲山と秩父の街を眺めて帰ります。芝桜の植え込みが始まっているので踏まないように気をつけながら地面すれすれからパチリと。昼間、在りし日の武甲山の写真を見た後だったり、先日秩父生まれの方の話を聞いたばかりなだけに様々な思いがよぎります。

DSC01564.jpg

同じく羊山の反対側。こちらからは夕日に染まる秩父の街並が一望できます。ここからの夜景写真はよく見かけるのですが、雲海写真では見ないのでここは雲海に飲まれてしまうのでしょうか?

今回のカメラ

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

秩父のうまいもの 安田屋の「わらじかつ」

なんだかんだと2月に1度は訪れているような気がする秩父。(というかそれ以上のペースで通っている気がしますけど)今回はようやく名物に数えられる「わらじかつ」をいただいてきました。

開店前から行列

DSC01394.jpg

9時過ぎに自宅を出て、いつもと同じく国道299号でのんびりと秩父へ向かい到着はおおよそ11時あたり。毎度のパターンで散策の前に腹ごしらえとなるのですが、今回こそは「わらじかつ」を食べようと決めていたのでまっすぐ小鹿野安田屋秩父店へ向かいます。

到着すると11:30の開店を前にしてすでに並び始めています。我々も慌てて列に加わりなんとか一巡目に滑り込めました。

ワイルドな外観

DSC01386.jpg

先ほどの写真でも伺えるようにお店の外壁はもっさりとツタに覆われていてワイルドというか退廃的な雰囲気を漂わせています。これまでにもお店の前は何回か通っているはずなのにまったく気が付きませんでした。

店内の雰囲気

DSC01390.jpg

店内はわりと狭くあまり写真は撮っていないのですが、こたつ2卓にカウンターで5〜6人程度といった感じです。上を見上げると在りし日の武甲山の写真が飾られていました。どこかで見たような・・・と思って過去の記事を見返してみたら団子坂の珍達そばに飾られていたのと同じ写真のようです。

この写真、どこかで売っているのでしょうかね?

初めてのわらじかつとご対面

気になるメニューはわらじかつ1枚入りの丼か2枚入りか、または持ち帰りで3枚(かつのみ)かと至ってシンプル。こたつで暖まっているとほどなくどんぶりが運ばれてきました。

DSC01392.jpg

どん!

蓋を開けると甘辛いような香ばしい香りが立ち上ります。注文したのは1枚の丼、これでも十分なボリューム。2枚は食べられる自信がありません。これで税込860円というのに驚きです。

さて、かんじんの味はどうなのかと言えば、これまで何度も秩父に来ているのに食べなかったのを後悔しました。味がしみているのにさくっとした衣としっかり叩かれて歯触りの良い肉にもりもり箸が進む大好きなタイプの丼でした。

一般的な卵でとじるタイプの丼ではないので、ご飯がつゆにつかるのが苦手な妻や子どもも満足なようでした。

それにしても・・・

毎度、秩父はなにかしら満足できる食にありつけるところも魅力的な街ですね。次は何を食べようか・・・