読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

登山後の身体に沁みわたる「釜めし なかい」

EM127490.jpg

御岳山でハイクを楽しんだこどもの日、この日はまだまだ楽しみが続きました。というのも、とある山の人から以前に深夜の強烈な飯テロを食らったついでにこのエリアのおすすめの店を教えてもらっていたのです。

そのうちのひとつがこの「釜めし なかい」。

一応、青梅街道沿いにも看板は出ていますが見逃してしまいそうな看板ですし、なおかつ店は街道から奥まった場所にあるのでドライブがてらにふらっと、とはいかなさそう。

EM127497.jpg

そんななかいですが、前庭がとても素敵でご飯の前から目を楽しませてくれます。

EM127500.jpg

席に着くと広縁越しにこんな眺め。

EM127504.jpg

山歩きをしてきて軽食はとっているものの空腹が最高潮に達している我が家。丁寧に手入れされた庭を眺めながらしばらく待っていると注文した釜めしが配ばれてきました。

EM127508.jpg

こちらは「きのこ釜めし」1,550円。

EM127509.jpg

寄ってドン!
すでに最初の写真で見せてしまっていますが、この釜めしにさらに・・・

EM127510.jpg

ドン!この水炊きが付いてきます。

釜めしが美味いのはもちろんですが、この水炊きが付いてくるところがとにかく絶妙。山歩きで塩分を強烈に欲している身体に「まぁまぁ」と抑えながらしっかり沁みるいい塩梅です。

火加減もよく程よくしゃきしゃきと歯ごたえがあるので、朝から行動食と軽食ぐらいしか口にしていなかったお腹も十分に満足しました。

以前はあったという鶏ごぼう釜めしが無くなってしまっていたのが心残りですが確かに「奥多摩行ったらマスト」と言われるだけはあるなと納得のお店でした。お店の娘さん?もとてもフランクなので登山帰りに気負わず来られるのもいいですね。

ちなみに、私たちが入店したのが17:30ごろ。営業は19:00までとなっていますが、私たちの後に1組入ったところで食材切れで看板となったようなので夕方に来店する際はちょっと早めがよさそうです。

www.spaceflier.com

新緑の山でネイチャーフォトの世界にハマる

御岳山ロックガーデンハイク

タイトルで全部言ってしまうやつですね。はい、ネイチャーフォトという世界にすっかりハマりそうです。4月に10年ぶりの登山を再開して以来、熱が醒めやらず続けて妙義山中間道、そして御岳山へ行ってきました。

いずれも山頂を目指す登山ではありませんでしたが、山、森と光が織りなす素敵なシーンにすっかり魅了されてしまいました。そんなわけでこどもの日に御岳山のロックガーデン周辺を歩いてきたときの写真です。

ちなみに冒頭の1枚は、過去2回持っていったものの出番がなかったMakro-Planarがようやく活躍してくれた記念の1枚です。

七代の滝

御岳山ロックガーデンハイク

御嶽神社の横を抜け、長尾茶屋のそばの分岐を下っていくと七代の滝に突き当たります。滝の手前はちょっとした広場になっているのでここで休憩される方も多いようですね。我々もここでエネルギー補給をしつつ滝を眺めることにしました。

御岳山ロックガーデンハイク

今回は忘れずにC-PLも持ってきました。C-PLがあると反射や彩度の加減にバリエーションを持てるのでなるべく持ち歩きたいですね。フードと併用しにくいのが難点ですがなにか良い方法はないんでしょうかね?

私はこちらのフィルターを使っています。減光効果が0.3EVと影響が少ない薄枠タイプなので光量が少ないシチュエーションでも多少シャッタースピードに自由度が持てるのがありがたいフィルターです。

サクラぐるぐる

御岳山ロックガーデンハイク

七代の滝を後にしてロックガーデンへ向かう途中の沢に桜の花びらが浮いているのを見つけました。15時を過ぎて少し傾いてきた陽が奥から差し込んできて光の加減もとてもステキです。三脚はありませんが以前ボルダリングで身につけたテクニックを生かすチャンス。

内向きに両脚を回して開き、近くに出っ張った岩などに突っ張って下半身を固定、固めた膝に左肘を押さえつけて身体をガチガチに固定すれば、手ブレ補正の効果も手伝って手持ちで2.5秒もなんとかなります。

あのスポーツ、肉体=肉体ではなく肉体=道具みたいに考える節があるのですが、三脚が使えないシチュエーションで役に立つテクニックは色々と身につくような気がします。

ロックガーデン

御岳山ロックガーデンハイク

先ほどのサクラぐるぐるを撮り終えたらE-M1 MarkIIはMZD 12-40mm F2.8 PROからMakro-Planar T* 2/100へスイッチです。今回こそは #ヤマクロプラナー するんだ!ときめていたもので・・・

さすがに200mm相当の単焦点という画角は足下の自由が利かない山道では使いやすいとは言えません。ですが、ファインダー越しに目に飛び込んでくる光景に持ってきて良かったと感じずにはいられません。

御岳山ロックガーデンハイク

E-M1 MarkIIをMakro-Planarにスイッチしてしまったので広角〜標準域は娘があまり使っていなかったE-PL6とLUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6を借りることにしました。

逆光に弱いレンズですが良い具合にフレアが入ってくれますし、E-PL6と組み合わせると軽快でサブカメラにちょうどいいかも。

カメラは何であれ、歩いて楽しい、景色を見て楽しい、構図を詰めて楽しい、帰って現像するのも楽しいとネイチャーフォトの世界は本当に中毒性の高い世界だなと思いっきりハマってしまいました。

登山後の食事もたまらなく美味しいですしね!

#ヤマクロプラナー

番外編というかマクロプラナー特集です。
Makro-Planar T* 2/100をE-M1 MarkIIで使うと200mm相当の等倍マクロとなります。先ほど山では使いやすいとは言えないと言いましたが、一方でテレマクロとして使えるのは手前に沢が流れていたりと足場に制限のある場所では助かることもあります。

御岳山ロックガーデンハイク

御岳山ロックガーデンハイク

御岳山ロックガーデンハイク

そんなわけで、できる限りマクロプラナーは山に持ち出してみようと思います。

撮影機材

※Makro-Planar T* 2/100の後継モデルです

妙義山ハイク後日談 娘の写真ポテンシャルがすごいかもしれない・・・

子どもの感覚は新鮮で侮れない

昨年の今頃、小1だった娘に写ルンですを持たせたことがありました。

その時の写真が上の記事になるのですが、なかなかこどもの感覚って侮れないなぐらいの印象だったんです。

それからしばらくリラックマ仕様になったお古のコンデジで遊んでいたりもしたものの、手ブレ補正が無く仕上がりが思っていたのと違ったからか使わなくなっていたんです。

それがどういうわけか、最近になってダイニングテーブルの上に置いてあったE-PL6を出かけるときは楽しそうに持っていくようになりました。E-PL6はタッチシャッターや手ブレ補正が効くので仕上がりが思い通りになるからなのかも?

経緯はどうあれ娘が写真を楽しんでくれているのは良いことです。問題はその娘が撮ってきた写真です。いや、問題ではなく驚きですね。

f:id:sfTKL:20170504125035j:plain

f:id:sfTKL:20170504124934j:plain

f:id:sfTKL:20170504125445j:plain

Macに取り込んだ写真を眺めていると、数枚ごとに1枚ハッとさせられる写真が混ざっています。かといって話を聞いてみると何をどう撮りたかったのかはっきり意図していてまぐれ当たりというわけでもない感じ。

f:id:sfTKL:20170504125429j:plain

f:id:sfTKL:20170504130524j:plain

先日、秩父の羊山へ行ったときも。枝の流れだったり武甲山を眺める人の入り方だったり、緻密にくみ上げた構図というわけではないんですが力の抜けた「あ、いいね」って雰囲気の写真を撮ってくるんですよね。

まぁ、親バカだよなと思うところもあるんですけど、このまま写真が好きなままでいてくれると嬉しいなと。

f:id:sfTKL:20170504132240j:plain

ちなみに、一番嬉しいのはこの手の写真だったりするのですけど(笑)

あ、ブラウンいいですね・・・

峠の湯でリフレッシュ

f:id:sfTKL:20170504132930j:plain

さて、話は前後します。妙義山のハイクを楽しんだ後は車で10分程の場所にある峠の湯という温泉施設で汗を流してリフレッシュしてきました。ここは旧坂本宿に作られた温泉施設で露天風呂からは妙義山を眺めながらお湯を楽しめます。

ちなみに峠の湯はトロッコ列車によってふもとの鉄道文化むらと繋がっているので時間に余裕があれば一緒に楽しむのもいいと思います。一緒におぎのやの峠の釜めしも楽しめますし。(以前、ブラタモリでもこのエリアを訪問していたので覚えている方もいらっしゃるかと思います)

お風呂の後は近場の観光ポイントを散策

お背を流してさっぱりしたら近場の観光ポイントをさらっと巡って帰路につきます。

EM127176.jpg

峠の湯からもすぐの旧碓氷線の眼鏡橋。実は以前峠の湯から歩いてきたことがあるんですが地味に長くて辛いのであまりオススメはしません。

EM127189-Pano.jpg

眼鏡橋からの帰り道に碓氷湖にも寄ってみました。 以前歩いたときは雨後で流木が貯まっていたので見送ったのですが、今回は水もきれいだったので湖畔で一休みです。

EM127209.jpg

対岸には桜が咲いていました。
渋谷・川越・秩父とこれで見納めなんていいながら今年は長期に渡って桜を楽しんできましたが、今度こそ見納めかな〜なんて思いながら妙義・碓氷の小旅行は終わりです。