読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

パノラマ写真を楽しもう!

マイお題を作ってみました 先日、とあるブログのリニューアルをほんの少しだけお手伝いさせていただきました。(ヘッダー周りを本当にちょこっとですが) そのやりとりの中で、うちのヘッダーってどうしてるの?みたいな話がありまして、パノラマ写真の水平…

天の川を浮かび上がらせるRAW現像

先日、念願だった天の川の撮影に2年越しでようやく成功しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); RAWで撮影してあったものの、最初のうちはなかなか思ったように天の川を浮かび上がらせることができませんでした。とはいえ、あれこれ…

写真の仕上がりが変わるフィルムスキャン時のワークフロー

以前、フィルムスキャンをするためにCanoscan 9000F Mark IIというフラットベッドスキャナを購入したというエントリーを書きました。 www.spaceflier.com それから1ヶ月と少し経ち、だいたいフィルムで撮った写真を処理するワークフローが固まってきたので、…

フィルムをスキャンしたくてCanoscan 9000F Mark IIを購入しました

そのうち、そのうち・・・ なんて思っていたスキャナを昨日出かけた際、ついでだからと購入してしまいました。 もともとフィルムカメラを手にする前から、古いネガを取り込んでおきたくて検討はしていたのですが、勢い余ってカメラの方が先に手の中に収まること…

VSCO Flim がただのプリセット集ではない理由

今回はこのブログへのアクセスが多い「VSCO Film」について書いてみようかなと思います。各所で無料で配布されるフィルム調プリセットと何が違うのか、そのあたりの疑問を解決できたらいいかなと。 $59に見合う価値があるのか? VSCO Filmは体験版が用意おら…

東京駅とHDR

仕事の都合で東京駅を調べることがあったのと、当日は梅雨の切れ間でバッキバキの晴天ということで、Lightroom CCからLightroom内に統合されたHDRを使うチャンスとばかりにブラケットをON。±0.7EVの3枚をHDR合成です。 今思えばもっと大胆にオーバーとアンダ…

すきまの美学とシャープネス

警戒心が強く、1年経ってもなかなか懐かなかった我が家の愛猫「たま」も、今年のGWをキッカケに急激に懐く様になったと同時に図々しくもなってきました。 どうも私の机周りが気に入ってる様で、しばらく席を外していると机の上をガサガサしたり椅子の上で丸…

CaptureOneとLightroomを主観的に比較

Lightroomで薄雲がかかった様な月夜とか夕焼けのグラデーションとか、もう少し綺麗に引き出せないかなということで比較をスタート。 今回の比較はCaptureOne・Lightroomともにパラメータを合わせた客観的な比較というよりも、ノイズが許容できなくなる限界ま…

VSCO Film 06

VSCO Film 06がリリースされたよってメールが届きました。 リリース記念で25%、既存ユーザー割引の25%合わせて半額になるってことで、サンプル見てお遊びフィルターっぽいなぁと感じながらもポチってみました。 "昼寝の邪魔すんな" Portra160+ Overを試して…

VSCO Film は使いやすい

DxO Film PackかVSCO Filmかしばらく悩んだフィルムシミュレーション。 結局VSCO Filmの04 SLIDE FILMSを選びました。 DxO Film Packも1パッケージで選べるフィルムの種類が多いのは魅力でしたが、フローがどうにも使いにくかった。 Lightroomのプラグインと…

フィルムシミュレーションの比較

RAW現像と言えばもはやLightroomがデファクトスタンダード。 フォトグラフィプランが月額980円でPhotoshop CCまで使えることを考えれば必然かな〜とも思うんですが、オリンパスのレンズを使ってるとLighrtroomではレンズ補正が用意されていなかったりと微妙…