読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

万年筆を試してみよう!名前を書くことも楽しくなる

文房具

f:id:sfTKL:20160404151737j:plain

新学期、新年度。
引っ越したり、学年が変わったり、所属が変わったりと何かと手書きで文字を書くことの増える季節です。

筆記具と言えばボールペンが最もポピュラーだと思いますが、筆圧が弱いこともあって私は少々苦手なんですよね。
そんな理由もあって普段使うペンにはPILOTのkakunoという万年筆の細字を使っているのですが、書き味には十分満足なものの細かい文字を書き込むときにもう一段細めが欲しくなることもあるのです。

kakunoのペン先をからに付け替えるかどうしようかって悩んでいたところ。先日ろんすたさん (id:lonestartx) がプラチナ万年筆のpreppyという万年筆を紹介しておりまして、これがとても気になっていたので店頭で見つけて購入してみました。

lonestar.hatenablog.com

preppyは0.2mmから0.5mmまでいくつか太さにバリエーションが用意されています。
私はkakunoでは細字を使っているので、preppyは極細を選んでみたのですが、これがなかなか絶妙にいいところを突いたペンでした。
これで200円というのは破格です。1000円程度で買えるkakunoも十分破格なのですが、これには驚きました。

書き味はボールペンほど無機質すぎず、かといって万年筆的に柔らかすぎもせず、堅めながらも軽い筆圧で十分に抑揚のある線が書けるので、細かいメモやノートでもご機嫌です。

妻も同時に細字を購入したので同じ太さのkakunoと書き比べてみましたが、細字同士ではkakunoの方がより柔らかな書き味ですね。
同じような価格帯のペリカーノジュニアも気になります。

ボールペンがちょっと合わないとか、少し物足りないという方にはpreppyやkakunoはおすすめです。
手紙の宛名や自分の名前を書くぐらいのことが、道具が変わるだけでかなり楽しくなります。

自分だけのインクを調合できるお店もあるみたいですよ。

たのしく書く人。カキモリ

プレピー万年筆 細字ブルーブラックインク10本セット

プレピー万年筆 細字ブルーブラックインク10本セット

ペリカン 万年筆 A ブルー ペリカーノJr 正規輸入品

ペリカン 万年筆 A ブルー ペリカーノJr 正規輸入品

ちなみに冒頭の写真に写っている黒い万年筆。
これは物欲的に危険な1本で、義父より頂いた万年筆なのですが、金ニブ(ペン先)で蒔絵というゴージャスな見た目どおり、preppyやkakunoのサラリとした書き味とはとは別格の濃厚で芳醇な書き味。
さすがに普段使いするのは躊躇われるので特別な時しか使いませんが、レンズと同じく沼まっしぐらになります。

PILOT 万年筆 研出蒔絵 双鶴 中字 (M) FK-5MP-SK-M

PILOT 万年筆 研出蒔絵 双鶴 中字 (M) FK-5MP-SK-M