読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

猫とVelvia 100

Photo Film 野良猫 E-M1

EM125880.jpg

昨夜、Canoscan 9000F MarkIIを購入した際のポイントを利用してフィルムをいくつか購入してみました。
フィルムを変えれば画も変わるのがフィルムカメラのいいところ、と言いたかったのですが、いつのまにか選択肢はずいぶんと少なくなってしまっていますね。

Velvia50は入荷待ち、Portra160は販売終了、Portra400は5本組のみでバラで欲しければ800しかありませんでした。
しばらくフィルムの冷蔵棚の前で悩んだ結果、フジのVelvia 100、KodakのULTRA MAX 400、T-MAX 100(モノクロ)を選びました。

と、そんな経緯がありまして今カメラに入っているフィルムが終わったら次はVelvia100を入れてみようと考えているので、イメージトレーニングとしてVSCO Film 04に収録されているVelvia100でRAW現像してみました。

EM125881.jpg

EM125884.jpg

レンズはAi Nikkor 35mm F2。E-M1にアダプタ経由で装着しています。
ZD 50mm F2やMFT(マイクロフォーサーズ)のPROシリーズほどの解像はありませんが、スッとキレて滑らかなボケかたはネガでふんわり使うよりも、リバーサルでバシッとメリハリ付けた使い方に向いているかも知れませんね。というかどっちも捨てがたい。

EM125887.jpg

続いて夜のシーン。
暖色の照明は少しくどいかなと感じる部分もありますが、コントラストの強さが街灯の光をスポットライト的に浮き立たせてくれますね。

EM125888.jpg

ところでこの写真はデジタルじゃないと撮れないだろうなというシーン。
感度も状況に合わせて増減できるし、E-M1の強力な手ブレ補正のおかげで、ゆっくり中腰で歩きながら1/10なんてシャッタースピードが選べます。

EM125890.jpg

夜のシーンはISO100じゃ三脚使わないと無理として、何を撮ろうかワクワクしますね。

お題「やっぱりフィルム写真が好き!」