読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

Kodak T-MAX と Carl Zeiss Planar T* 1.4/50

Photo Film F3 Black&White

F3_20160503_008.jpg

谷中を散歩中にEktarを撮りきりモノクロフィルムのT-MAXをF3に入れてみました。
あしかがフラワーパークに行くことが分かってたらVelviaを入れてたと思うのですが、思いつきで決めたので後の祭りです。

せっかくの藤をモノクロでというのももったいないな〜と思わなくもないのですが、初めてのPlanarと初めてのT-MAXというフィルムなので期待しつつ撮ってみることにしました。

F3_20160503_010.jpg

藤の花と言えば藤色と言うぐらいに淡い紫がイメージされますが、モノクロでもその柔らかい色合いはしっかり写るものですね。

F3_20160503_013.jpg

F3_20160503_019.jpg

F3_20160503_018.jpg

F3のオート露出は読みづらく36コマのうちいつくかは大きく外してしまいましたが、なかなかいい雰囲気。

モノクロの世界なので当たり前ではあるのですが、人混みの様々な色のガチャガチャした部分が抑えられて静かな場所のように見えますね。

F3_20160503_020.jpg

カラーで撮ると色が飽和しがちなツツジもこんなに明るい花だったのですねって、これは白いツツジでした。いや、シャクナゲ?

F3_20160503_027.jpg

ここからはところ変わって最近お気に入りの公園。
薄曇りのあしかがフラワーパークとうってかわって、晴天下、水際、新緑とコントラストの激しい場所です。

F3_20160503_028.jpg

F3_20160503_030.jpg

F3の露出計は目まぐるしく暴れまわるので、数カ所をスポット的に測光してマニュアルで勘露出してみました。

どちらも、私にとっては露出をやや外してるのですが、まだまだ階調には余裕があるので丁寧に作業すればイメージしていた画に近づけることはできそうです。

F3_20160503_035.jpg

最後に四つ葉のクローバーを見つけてご満悦の娘の様子です。
Planarの開放付近の柔らかさもあいまってファンタジック。

Ektarと同じくT-MAXも粒状性が高く滑らかなので、ポートレートを撮ったりするのに良さそうなフィルムですね。

お題「やっぱりフィルム写真が好き!」