読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

フジ業務用フィルムをしばらく封印してみます

Photo Film F3

F3_20160531_05.jpg

天覧山の休憩所でVelvia100Fを撮りきったので、続いてF3に装填したフジ業務用のISO100フィルム。先日の娘の写ルンですと同時に現像に出したのだけど、ほんとうに後悔だらけの結果でした。

被写体に対してストレートに興味をぶつけていくこどもの写真と比べて、同時に上がってきた私のネガのなんと小賢しいことか。加えて、ダラダラと惰性でシャッターを切っているカットの多いこと多いこと。

F3_20160531_04_edited.jpg

私なりに、意図したイメージに近いものは撮れていたりもするのですが、どこか緊張感ないんです。その理由はわりとはっきりと分かっていて、このフィルムにワクワクしていなかった、というよりストックがあるからって惰性で撮っていたんですよね。

F3_20160531_26.jpg

なので、フジの業務用100が悪いわけではないのですが、まずは気になっているフィルムを先に使ってみようかなと思っています。PortraとかフジのPRO400Hとか。

特にKodakのフィルムはいつなくなっちゃうかわかりませんし。

F3_20160531_30.jpg

このフィルムはこんな特性というのが分かってくれば、このフィルムにもまた違ったスタンスで向き合えるかな、なんて子どもに教えられてしまいました。

ま、こういう苦い経験も楽しんでいかなきゃね。