読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

フィルムとデジタル Velvia100F

Photo Film F3 Velvia100F

IMG_20160522_0037.jpg

前回せっかくフィルムで撮ってるいるのに惰性でシャッターを切るのはやめようと思ったことを書きました。
そんなことを考えながら、少し前にスキャンしたVelvia100Fで撮った写真を眺めていて、ふと浮かんだことがあったので書いてみようと思います。

Velvia100Fというのはフジフイルムの高彩度リバーサルフィルムで、夕焼け空のグラデーションがそれはもう美しい色で写すことができるフィルムで、ライトボックスなどの光に透かして鑑賞するとニヤニヤが止まらないのです。

IMG_20160522_0016.jpg

とはいえ、35mm版というのはデジタルでは大きなサイズのフォーマットですが、直接鑑賞しようと思うとやはり小さいことは否めないし、晴天下ではいいものの、光の状態によっては色被りが激しかったりして、気分を削がれることもそれなりにあります。

Velviaは高彩度のフィルムなので色が被っているとなかなかどぎつい。

IMG_20160522_0007.jpg

リバーサルはフィルムのままでこそ、とか、フィルムはプリントしてこそ、というのももちろん良いと思うのですが、私は写真は自分を始めとして誰かが見た時に「いいな」と思えてこそだとも思うんですよね。

だから私はデジタルの補正ツールを迷わず使います。もちろんそのフィルムの良さを殺さない範囲でですが。(フィルムにだってアナログな補正技術は色々ありますしね)

IMG_20160522_0013.jpg

デジタルでもJPEG撮って出し派だとかRAW現像至上派だとか、人それぞれだと思うのですが、私はあまりこだわりなくて仕上げたもん勝ちというスタンスです。

で。

フィルムをデジタルで補正すると何がいいかと言えば、ホワイトバランスや露出を整えるのは基本なのですが、PhotoshopやLightroomを使うと歪曲補正ができるんですよね。

IMG_20160522_0035.jpg

やっぱりまっすぐなものはまっすぐ写ってた方が気持ちいいし、趣味なのだから撮る・仕上げる・プリントするってじっくり楽しめる方がいいじゃない。

今回はNikon F3 + Carl Zeiss Planar T* 1.4/50とVelvia100Fで撮った写真をデジタルであれこれ補正してお送りしました。 微妙にコマ枠が入っちゃってますけど…直しました。

余談

高性能フィルムって、とにかく滑らかだし色ノイズが出てこないのがいいですね。