SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

フラッグシップ

f:id:sfTKL:20161119134424j:plain

以前、以下のエントリーでもちらっと触れたのですが、ついに我が家にやってきましたキヤノンのフラッグシップ「EOS-1」。しかもレンズ2本付きで。

www.spaceflier.com

フラッグシップと言えども、EOSシステムの初期の頃の機種で今では中古価格も1万円を切るぐらいのものです。
今さらあえてエントリーにするには「とにかくくそ重い」ということと、「ファインダーはさすがのフラッグシップ」という他には取り立てて書くこともないのですけど、せっかくなのでストロボの練習がてら撮ってみました。(EOS-1"D"じゃなくてフィルム機のEOS-1ですよ)

もう少し手前の光を起こした方がいいかなという気がしないでもないのですが、あまり経験のないわりにはよく出来たかな?

なんて言えればよかったのですが、実際はガッツリとレタッチで直しています。ライティングの難しさが身に沁みました。基礎から勉強しよう、そうしよう。

ところで、おまけでついてきたレンズはEF 100-300mm F5.6LとSIGMAの50mm F2.8 EX DG Macro。
F3で使っているレンジとは違うので、それぞれ違った使い方で楽しめそうです。

ちなみに防湿庫がついに溢れました・・・

3マウント目のレンズ沼へまっしぐら?

さて、これで手元には3つめのマウントのカメラがやってきてしまい、一部の方からはFマウントの時のような展開を期待されている気配があるのですが、判官贔屓な性格の私はあまりEFマウントに興味が湧かないので当面はそのようなことにはならないと思います。

判官贔屓と言えば、吉川英治の私本太平記を読むと、良い具合に判官贔屓な人間に仕上がります。(かなりの長編で読むのも大変ですが・・・)

私本太平記全一冊合本版

私本太平記全一冊合本版

Kindleの無料版もあるのですが、巻数が多いので合本版を紹介しておきます。

IDEX デジタル防湿保管庫 D-strage 60L DS-63M

IDEX デジタル防湿保管庫 D-strage 60L DS-63M

防湿庫もやっぱりこれぐらいは欲しいですよね。