読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

COEDO Craft Beer 1000 Laboで新しいビールを楽しんできた

親戚の集まりがありまして、美味しい料理と美味いビールが飲める店ということでCOEDO Craft Beer 1000 Laboこと香麦(シャンマイ)へ行ってきました。

相変わらず何を食べても、素晴らしく美味しいことは変わりませんが、今回はビールのメニューが変わっていたので2種類のCOEDOを楽しんできました。

Red Ale

f:id:sfTKL:20161120092904j:plain

まずは前回も飲んだレッドエールから。
苦みはあるものの後に残らずスーッと水感覚で飲めるビール。水感覚と言っても味が薄いとかそういうわけではなく、味に嫌な引っかかりがなく、ついガブガブいってしまいそうになるという意味です。

いつまで提供されるかは分かりませんが、他のビールが入れ替わっているのにこれだけは残り続けているので、相当に評判がいいんでしょうね。そのうちCOEDOのレギュラーラインナップに加わってくれると嬉しいです。

Slow Staut

f:id:sfTKL:20161120092936j:plain

次は新作。スロウスタウト。
見た目からしてものすごく濃厚そうなのですが、予想を超えていました(笑)もうこれ、飲み物というより食べ物というほどの飲み応えですよ。

こちらもレッドエールと同じく後に残る嫌な苦みはなく、後からフワッとバニラフレーバーが香る芳醇で濃厚なスタウトで、味の強い中華料理と飲むのも美味しかったのですが、これ単体で食事と言っても良いような存在感は初体験でした。

お店の場所はお世辞にもアクセスが良いとは言えない場所ですが、クラフトビール好きならぜひ飲んで欲しいビールでした。

f:id:sfTKL:20161120094634j:plain

日替わりのメニューにもパワーワードがチラホラ。