SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

中院の枝垂れ桜

DSC02902.jpg

先日、川越の桜の名所と言われる中院の枝垂れ桜が見頃ということで夕食前に夜桜を見に行ってきました。

天台宗別格本山 中院

夜桜

今では隣の喜多院の方が有名になっていますが、もとは1200年ほど前に開かれた中院が先にあり、その北にできたので北院といったとか。

EM124923.jpg

門をくぐるとライトアップされた大きな枝垂れ桜が目に飛び込んできます。決して広い敷地ではないのですが、桜・松をはじめ様々な木々が立体的に配されていて見応えのある景観を作っています。

EM124929.jpg

肉眼で見ると圧倒されるのですが、光源がさまざまで写真にするとホワイトバランスをどうするかに苦労します。

EM124941.jpg

入り組んだ木々と光源にどうしたものかと考えあぐねて軒と組み合わせてみたり。

雨の枝垂れ桜

DSC02980-HDR.jpg

さて、明くる日。
小雨が降る中でしたが見事な桜だったので昼間も見ておきたいと、今度は望遠レンズも加えて再びやってきてしまいました。

DSC02906.jpg

こうして明るい中で見ると改めて密度の濃い空間だなと感じます。

EM125045.jpg

雨空の光のやわらかさが桜のほのかな色を引き立ててくれるような気がします。もう少しシャッタースピードを伸ばして振り落ちる雨を写したかったのですが、枝垂れ桜では枝が揺れやすく思ったようにはいきませんね。

EM125228-2.jpg

広角で全景、望遠でマクロ的にとオーソドックスな切り取り方もいいなと思うのですが、何か自分なりの視点というものを撮りたいなと感じてシャッターを切った一枚です。うねった枝がぐるりとフレームのようで、窓に見立ててみました。

EM125222.jpg

こちらはそのバリエーション。

載せきれなかった写真も含めてFlickrのアルバムにまとめていますので、よろしければご覧ください。

中院 枝垂れ桜 | Flickr

今回のレンズ