SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

Olympusのカメラ・レンズを修理に出してみました

日光白根山に出かけた際、Olympusのマイクロフォーサーズ用レンズ MZD 12-40mm F2.8 PRO がマウント根元からねじ曲がってしまうというトラブルにあい、メーカー修理に出していたのですが戻ってきたのでまとめておこうと思います。

f:id:sfTKL:20170727094329j:plain
トランクの中でザックに押しつぶされたのか無残な状況に・・・

今回は上記のトラブル当時、レンズが装着されていた E-M1 Mark II も念のために合わせて点検してもらいました。あれこれとオリンパスプラザで伺ってみたいこともあってピックアップ修理ではなく新宿のサービスセンターへ直接持ち込みです。

オーナーズケアプラスの恩恵は受けられるのか?

f:id:sfTKL:20170727143435j:plain
via オリンパスオーナーズケアプラス E-M1 Mark II 専用メンテナンスパッケージ | オリンパス

OlympusではE-M1 Mark IIのオーナー向けにオーナーズケアプラスというサービスを提供しています。基本的に保証や点検の拡充オプションなので適用外だろうとは思いつつもダメ元で今回の修理が対応可能か伺ってみました。

結果はお察し、そもそもが故障等のトラブル予防のためのサービスであることとボディが対象なのでレンズ故障には適用外とのことでした。それはそうでしょうね・・・

Fotopusプレミア会員はやはり恩恵が大きい

さてさて、数年前の改定以来、OlympusのフォトコミュニティーFotopus(オンラインショップアカウントやユーザー登録も兼ねています)のプレミア会員(有料)はメリットが薄くなったとユーザーの間で囁かれたりしていますが、今回の修理で改めて年会費が必要だったとしても入っておいた方がいいなと感じました。

プレミア会員になるとオリンパスオンラインショップでデフォルトで5%割引になったり、割引ポイントの獲得がスタンダード会員に較べて圧倒的に優遇されていたりというところがメリットとしてクローズアップされるのですが、年にそう何回も大きな買い物をするわけでも無いのでそれだけで会費をペイできるかというと難しいのです。ですが、各種セミナーや修理も3割引になるので、実はこちら側の方が大きなメリットかも知れません。後述しますが、今回の修理で年会費はペイしてしまいました。

Olympus製品を購入検討されている方はとりあえずポイントを貯めてみましょう

ちょっと脇道に逸れます。今すぐにというほどでもないけど、ミラーレスカメラを購入検討されている方はとりあえずFotopusのゲスト会員としてポイントを貯めておくと良いかも知れません。それというのもオリンパスオンラインショップは新製品投入のタイミングではネット・リアル含めたどの販売店よりも安い+αということが多く、その際割引として15%まで利用できるポイントを慌てて貯めようと思ってもなかなか貯められないからです。(スタンダードでは1日でせいぜい1000ポイントがいいところですが、プレミア会員ならば6〜8000ポイント程度を簡単に貯められてしまうのです)

修理内容と費用

実際に行われた修理内容と修理費用はレンズ・ボディそれぞれ以下の通りです。

MZD 12-40mm F2.8 PRO

修理内容 修理結果
レンズマウント変形 破損部品の交換、各部点検

修理費:¥15,900の修理費からプレミア会員割引で¥11,130+税

OM-D E-M1 Mark II

修理内容 修理結果
レンズマウント変形 問題なし
メディアカバーのがたつき 部品交換
各部点検・清掃 問題なし

修理費:保証期間内で無償

正直レンズの方は保証期間が3年の延長保証の期限すら越えていてこの程度の金額で済むとは思っていなくて「場合によっては12-100に買い換えかな」なんて考えていました。ボディのメディアカバーも「気持ちがたつきがあるかな」ぐらいの状態で不具合状況として伝えてはいたものの対応してもらえるとは考えていなかったので嬉しい対応でした。防塵防滴をセールスポイントにする以上、こういった小さなパーツの緩みも確実に潰しておくということなのでしょうかね?

修理を依頼してみて

今回、自分のパッキングミスが原因で機材を破損してしまったのですが、非常に良心的な費用で修理・点検ができたことは怪我の功名でした。これからの時期水をかぶる撮影に若干不安だったメディアカバーの対策もできましたし、修理箇所意外に不具合はなくとも3年以上使ってきたレンズがしっかり点検されたという安心感は大きいです。

1週間ほど手元にE-M1 Mark IIがなかったのは寂しくもありましたが、GX7MK2にうっかりと手を出さない内にに戻ってきました。よかったよかった。

修理から戻ってきた夜、うれしさのあまり早速そのまま撮影に出かけたのですが、その話についてはまた改めて。

ほんと、ビックリするほど安いですね。

追記

後日、戻ってきたレンズで写真を撮ってみたところMFクラッチでMFに切り替えると12mm〜14mmの間で無限遠が出ない状況であることがわかりました。ボディ側からMFに切り替えたりAFであれば無限遠は出るようなのでとりあえずは写真を撮るのに支障はありませんが、慣れた手順とは違う方法をとらなければならないのは少々ストレスです。近々予定している旅行から帰ったら改めて再調整に出そうかと思います。

また、その際に調べていたら概算修理料金表というページがあることに気が付いたのでリンクを貼っておきます。

OLYMPUS OM-D / OLYMPUS PEN 概算修理料金表 | オリンパス