SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

2017年の川越祭り

川越祭り

10月14日・15日の2日間、川越氷川神社の例大祭「川越祭り」が催されていました。昨年、祇園祭・高山祭・秩父夜祭などと共にユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあって相当な人出になるなと思い土曜日(14日)の昼間だけぶらっと楽しんできました。(昨年は100万人の動員だったそうです)

川越祭り

昼過ぎに家を出て街の中心へ向かって歩いてみますが、あいにくな空模様とまだまだ序盤ということもあって混雑はそれほどでもありません。

川越祭り

ただこの空模様も悪いことばかりでもありませんよね。水たまりへの山車のリフレクションなんかはいつもは見られませんし。

EM124496.jpg

そういえば、今年は娘が蓮馨寺にあるおばけ屋敷にチャレンジすると言っていました。妻と二人で入った娘を外で待っていたら期待を裏切らないリアクションで飛び出してきました。気の毒だとは思いましたが思わず笑ってしまいました。(外で待っていたのは怖いからじゃないですよ?私は昨年すでに楽しんでるんです)

EM124499.jpg

まぁ、記念撮影ブースがこれじゃ、小学2年生には無理もないかな(笑)

DSC07818.jpg

泣きじゃくる娘をなだめながらCOEDOビール片手に完全にお気楽モード。毎年それなりに「こんな写真撮ってみたいな」なんて意気込みもするんですが人が多くて思ったようなポジションを取りにくいですし、祭りは楽しんでこそとも思っているので今年はかなりゆるい心持ちです。(そんなこと言いつつカメラを2台ぶら下げてるんですけども)

そんなわけであとは夕暮れまでぶらぶらとお囃子中心にスナップしていました。

川越祭り

川越祭り

川越祭り

山車がすれ違う時にはお互いにお囃子を見せ合うことになるんですが、喧嘩じみたことにはなりません。観客も含めて穏やかな雰囲気でやいのやいのするのがいいんですよね。

ほかには気まぐれに山車のディテールを撮ってみたり

川越祭り

アスファルトに残った山車の跡を撮ってみたり

川越祭り

最後に薄く夕陽が差したところで今年のベストショット。

川越祭り

夜の曳っかわせを見なかったのはやや心残りですが、翌日の赤城山で素敵な紅葉を楽しめたのでよしとしましょう。では、また来年。