SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

ずぼら人間のカメラアクセサリー整理術に結論が出たかも

カメラアクセサリー行方不明問題

私は机上の整理が苦手な人間で、気が付けば机はいつも乱雑に散らかってしまいます。同じような悩み(?)をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

頻繁に持ち出すアクセサリー、例えばレンズペンやフィルターやバッテリーなどですが、収納場所は防湿庫周辺と決めてあるものの充電したり次の撮影のためのメンテナンスで使ったりと結局机の上に出しっぱなし。

当然、次の撮影前にはあれはどこに行った?なんて慌てたり忘れたり、果てには仕方ないからと同じものを再購入したりと、これはなんとかしないとマズいよなと思っていました。レンズペンにいたってはカメラバッグごとに1セット入れておくという始末。忘れるということは減ったもののモノは増え続けて散らかる一方です。

意外なところでぴったりなアイテムを見つけた

そんな時、買い物の途中でこの行方不明問題を解決してくれそうなものを見つけます。それがこちら。

f:id:sfTKL:20171028204244j:plain
吊して使える洗面用具ケース

無印良品の「吊して使える洗面用具ケース」です。サイズは16×19×6cmとちょっと大ぶりなポーチで、このサイズ感が一通りのカメラアクセサリー一式をまとめるのにちょうどいいんです。

f:id:sfTKL:20171028204714j:plain
バッテリーからフィルターまでどっさり収まる!

帰宅してから早速あれこれと詰め込んでみました。結果はご覧の通りで標準サイズのブロアーからバッテリー類やフィルターなど日々のメンテナンスキットを丸飲み!

f:id:sfTKL:20171028205236j:plain

この状態で収納されているのは以下のアイテム。

  • ブロアー
  • α7II用バッテリー(2本)
  • E-M1 MarkII用バッテリー(1本)
  • 単三電池(8本)
  • レンズペン
  • 72mm径レンズフィルター(C-PL/ソフト/67-72mmステップアップリング)
  • クリーニングティッシュ(8包)
  • SDカードケース

これだけ入れてもまだまだ余裕がありますので登山時にスマホへ充電するためのモバイルバッテリーはもちろん、Kindle Paperwhiteもすっぽり入ります。内部にはゴムのバンドがあるのでバッテリーなどもガチャガチャせずに固定できるのがポイント高い!E-M1 Mark IIのバッテリーって結構大きくて一般的なバッテリーポーチに収まらなかったのでかなり嬉しいです。

f:id:sfTKL:20171028225022j:plain
Kindle Paperwhiteもカバー付きで入ります

こうなってくると普段からこのケースをメンテナンス用品の収納場所としておくことで、出かける時はケースごとザックに放り込めば「散らかる」「忘れる」という問題を一気に片付けることができるわけですね。あとはカメラボディ(2台)をカメララップにくるむ、換えレンズ(2本ぐらい)をレンズポーチかチョークバッグに入れてしまうとすれば、登山時の荷物もずいぶんコンパクトにまとめられます。

というわけで整理が苦手な私のカメラアクセサリー整理にようやく結論が出たかもという話でした。

現在プライム会員限定で4,000円OFFのキャンペーン中のようです。