SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

思いがけず finetrack の冬装備が整ってしまった…

finetrack EVERBREATH PHOTON
正月早々、さいふに大ダメージ

こんにちは。みなさまお正月はいかがお過ごしでしたか?

私はと言えば2018年は機材はレンズ1本とストロボ2灯まで!と決めたのですが、新年早々にさいふへ大きなダメージを喰らってしまいました。冒頭の写真でバラしてしまっているので今さらなんですが、finetrackの EVERBREATH PHOTON(私と妻のもの2枚)とDROUGHT POLYGON 3 です。

今後の登山のために年明けにハードシェルとミッドレイヤーをなんとかしようとは思っていたのですけど、元日に赤城山に行ってしまったばっかりにテンションが上がったまま戻ってこずやってしまいました。

サイズ感など

ただ単に購入報告をだらだらと書いても面白くありませんので、参考までにそれぞれのレイヤーでのサイズ感などを書いておきます。

finetrackはレイヤリングを前提にした商品構成になっていますが、170cm 62kgの私はL1ドライレイヤー(スキンメッシュ)とL2ベースレイヤー(ドラウトフォース)はSサイズ。そこから上に重ねるL3〜L5のサイズはどうしようかと結構悩みました。

というのも私の体格はサイズの変わり目にいることが多く、さらにパッと見は細身なのに脇回りが窮屈なことも多かったりして、似た体格の方々に話を聞いても実際に試着して動いてみないことには決めきれないのです。そんなわけで年末にあったfinetrack公式のアウトレットも購入に踏み切れなかったので、今回は実際にL3以下のウェアを着て試着に臨んでみました。

ドラウトポリゴンS/エバーブレスフォトンMの組み合わせとドラウトポリゴンM/エバーブレスフォトンLで試してみたところ、ドラウトポリゴンS/エバーブレスフォトンMでも十分に動きやすく迷っていたミレーのティフォン・ウォームと較べてもしなやかさはあったのですが、ドラウトポリゴンM/エバーブレスフォトンLと較べるとやや窮屈という結果でした。特に上方向へ腕を伸ばすと袖口がちょっと足りなくなるかも?という感覚があったので最終的にドラウトポリゴンM/エバーブレスフォトンLに決定となりました。

ひとまず、これで足下以外の防寒装備が整ったので、今年は雪の中でもガシガシ写真撮りに行きたいですね。

今週のお題「2018年の抱負」