SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

ライティングがはかどる!Godoxではじめる多灯環境

f:id:sfTKL:20180424123446j:plain
作りかけで失礼します

ブログやネットオークションやフリマアプリのために写真を撮るときみなさんどうしてますか?

部屋をチョット片してそのまま撮影とか、ちょっと手間かける方なら撮影ボックスみたいなアイテム使ったりする感じでしょうか。用途的にそれで十分というか、それ以上はやりすぎという気がしますよね。私もそう思う。

でもね、そのうち用途がだんだんと広がってきて、撮影ボックスでは全然収まらない大きなものを撮りたかったり撮らなきゃならなくなったりするわけです。ご多分に漏れず、私自身もそうなった人間なんですが、だったらこれだけあればだいたいのことはデキるよってセットをひとまずまとめておこうと思います。

中華だろうがなんだろうが、純正ストロボなら1個しか買えない金額で多灯環境が揃ってアレコレとトライ&エラーできるのは本当に有意義なので「2灯以上」ってことは煽り抜きでデカいです。

スピードライト(ストロボ)

まずはスピードライトのコマンダーです。 お使いのカメラメーカーによっていくつかバリエーションはありますが、まずはコマンダー、Godox X1T-●です。ニコン用であれば●がN、キヤノン用であればC、MFT用ならOになります。これをカメラのホットシューに乗せてやると複数のスピードライトがコントロール可能になります。だいたい5000円台。Xpro-●という上位機も出ていてそちらはおおむね7000円台。こちらの方が使いやすいという声も聞きますので予算に余裕があるならXproで良いと思います。

次はスピードライト。見た目にも分かりやすいですね。GN(ガイドナンバー)の数字が大きいほど光量がでかい。TTLには対応していませんが、先ほどのコマンダーにはばっちり対応しているGodoxのTT600。GN60とそこそこ光量もあって7000円台で買えてしまう恐ろしい子。スピードライトが2つ以上あることが大事なので2個以上Goしましょう。

背景

撮影ボックスに入りきらないものを撮りたいわけで、ここはサイズがあーだとかこーだとか言ってはいけません。ガッと拡げてバッと片付ければいいんです。PVCなら皺がつきにくいし濡れたふきんで拭けばキレイになります。白と黒があれば基本的なのはだいたい困らない。スタンドと合わせて7000円台ぐらい。

スタンドとか

この辺りは工夫次第で補えるところもあるので最初は必須というわけじゃないですが、あるとできることのバリエーションがガッと広がるので都度追加してみるといいと思います。どれもだいたい2〜3000円台で購入可能です。

これらが揃うとどうなるか?

f:id:sfTKL:20180422224331j:plain

はい、こうなります。

大げさに見えるかもしれませんが、やってみると案外サクッと設置できて撮影ボックスに較べるとアングルや被写体サイズの制約が圧倒的に少ないのでとても快適。

f:id:sfTKL:20180422224613j:plain

実際に上のセッティングで撮ったのがこちら。左上やや後方からソフトボックスでメインのライト、もう一台は背景を飛ばすために被写体の後ろに向けてバカッと発光みたいに、ほとんどなにも考えずに撮ってもこのぐらいの写真が設置から現像まで含めて10分もあれば十分に得られるのサイコーです。

f:id:sfTKL:20180422224946j:plain
いわゆるざんねんなストロボ使用写真

とはいえ、本当に何も考えずに直射してしまうとやっぱりこうなるんですが…

f:id:sfTKL:20180422225115j:plainf:id:sfTKL:20180422225111j:plain
背景紙は白、先ほどとライティング以外は全部そのまま

スピードライトが2つあることとコマンダーによってカメラから離して発光できるということはとんでもなく遊べます。この背景真っ黒の2枚は先ほどのセッティング風景とライトの設定(向き・強さ)以外はまったく同じ。背景紙も白のまま。

ライト無しで真っ黒にしか写らない露出設定でスピードライトの光のみでコントロールすると真っ白なものも真っ黒にもできるのって面白くないですか?

こういうことってどんなに良いレンズを買っても実現できないことだし、それが3万円前後で実現できてしまうGodoxのシステムはとてつもないコスパ。

ライティングは知識も大事ですが、それ以上に試行回数が完全にものを言うと感じているので、この手の書籍を片手に身の回りのものであれこれ試してみるといいんじゃないかと思います。