読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

バックアップ環境を更新

Mac

今日はTimeMachineの話です。
バックアップをしておきたいディスクの合計サイズを超える容量の空きHDDをMacに繋いでおけば、後は勝手にバックアップしておいてくれる便利なアレです。

我が家のMacbook Proには512GBの内蔵SSDと500GBのHDDを繋いでいたので、1TBのバックアップHDDをTimeMachine用に利用していました。
しかし、iTunesのライブラリや写真のRAWデータが日増しに増え、いつの間にか1TBのHDDで、512GBの内蔵SSDと2TBのメディアデータが入ったHDDをバックアップするといういびつな状態。

少し前までバックアップされるデータ量は1TBをギリギリ下回っていたので、それでも対応は出来ていたものの、ちかごろは容量不足のエラーが出る様になってきました。そりゃそうだよね…

そこで、このいびつな状況を改善するためにHDDを入れ替え。
いつの間にやら5年ほど経っていた1TBのTimeMachine用のHDDと、スリープ動作が微妙に問題ありなメディアデータ用の2TBのHDDもついでに更新。

本体SSD 512GB
メディアデータHDD 2TB 東芝 USB3.0接続 外付けハードディスク 2.0TB(ブラック)TOSHIBA CANVIO DESK HD-EB20TK
TimeMachine 3TB 東芝 USB3.0接続 外付けハードディスク 3.0TB(ブラック)TOSHIBA CANVIO DESK HD-EB30TK

東芝のHDDをチョイスしたのは、店頭で確認してもらったところ中身のHDDがHGST製かWesternDigital製のどちらかということだったから。 しかもバルクのHDDとケースで組むより安いぐらいでした。

あとは内蔵のSSDSanDiskあたりの新しいものに置き換えたいけど、先にThunderboltのDockかもなぁ…