SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

超望遠ズーム in 横浜ズーラシア

f:id:sfTKL:20180601111009j:plain
動物園行きたいー!というムスメ氏の声にお応えして行ってきました

登山をちょっと休んで動物園へ

家族揃う休みのたびに登山というのでは子どもとしては飽きてしまいそうだなってことで、横浜のズーラシアへ行ってきました。せっかくの機会なのでこの日のカメラはD800EにSIGMAの150-600mm F5-6.3 C、F3(フィルムカメラ)にNokton 58mm F1.4です。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

一脚を手に入れた

f:id:sfTKL:20180527182147j:plain

SIGMAの150-600Cは軽いとは言え2kgのレンズ。一日中手持ちで扱うのは辛いので、ついでに先日購入したGITZOの一脚をテストもしておこうという目論見もあったりして。実際使ってみたところ三脚座の真下で一脚と繋いでしまうと重心がズレが大きいので長めのプレートで調整した方がよさそうですね。

いろいろなネコ

横浜ズーラシアは猫科の動物が多いので、大きい猫、小さい猫の展示を楽しみながら園内をぐるっと1周してきました。

インドライオン

f:id:sfTKL:20180601110726j:plain

大きい猫、ライオンです。薄暗い木陰からぬっと現れたところをハイコントラストで。

f:id:sfTKL:20180601110745j:plain

そのまま木漏れ日でくつろいでいたもう1頭のそばで何かを囁くような仕草。面白いことにこのあと2頭は場所を入れ替えていました。なにかしらのコミュニケーションがあるんでしょうね。

オセロット

f:id:sfTKL:20180601110859j:plain

個人的にズーラシアでもっとも好きなのがオセロット。美しい体毛と愛嬌のある表情にニヤニヤしてしまいます。体格も小さく大型のイエネコ(ベンガルなど)と同じぐらいでしょうか。

f:id:sfTKL:20180601110914j:plain

前回来たときはずっと寝ていたので動いている姿が見られて嬉しい。(だいたい箱座りで寝てる…)

他にもズーラシアにはチーター・ライオン・ウンピョウ・アムールヒョウ・スマトラトラにツシマヤマネコと様々な猫か動物がいますが、だいたい昼寝してました。まぁ、ネコですからね。

ホッキョクグマ

f:id:sfTKL:20180601111344j:plain

最寄りの動物園に猫科動物が少ないこともあって、ズーラシアでは猫科を中心に見て回る我が家ですが、ホッキョクグマなどの大型の動物を様々な角度から見ることができるのもズーラシアが好きなポイント。大型哺乳類でものびのび動ける広い展示スペースを上から下から観察できるのは施設の新しさによるところも大きいのでしょう。150-600mmという超望遠ズームのレンジを存分に楽しむことができました。

じつはフリー素材です

実は今回の記事に掲載した動物の写真(下の6点)は全て私が撮影したフリー素材です。ぱくたそにて公開されています。(ご利用はぱくたそから)

f:id:sfTKL:20180601111009j:plainf:id:sfTKL:20180601110726j:plainf:id:sfTKL:20180601110745j:plain
f:id:sfTKL:20180601110859j:plainf:id:sfTKL:20180601110914j:plainf:id:sfTKL:20180601111344j:plain

タケル|ぱくたそフリー素材