SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

外出自粛中に欲しくなってしまったものたち

f:id:sfTKL:20200503090649j:plainf:id:sfTKL:20200503090643j:plain

緊急事態が宣言されてからもうすぐ1ヶ月。仕事は在宅で済むことが多いものの例年以上にハードワークな状態なんですが、それでも通勤時間が0になったこととプライベートタイムを並列に処理できることで今のところは意外と楽しく過ごせています。

最初のうちはマクロ撮影をしたり過去の写真を見返したりと写真に関わることが遊びのメインでしたが、そこから徐々にシフトしてプラモを作る・撮るといった形になってきました。いつもなら素組みで時間いっぱいになっちゃうところですが、時間に余裕があるので塗装まで楽しむことでよりプレイバリューを上げていけてます。

f:id:sfTKL:20200503085711j:plainf:id:sfTKL:20200503085745j:plain
プラモもいつもより手間をかけて楽しめる

タイトルとかなりズレた前置きになってしまいましたが、そんな風に緊急事態宣言下の日常を過ごしているとなんだかんだと欲しくなってしまうモノが出てきます。

中判フィルムカメラが欲しい

いきなり外出自粛とあまり関係がないのですが、先日レビューしたスキャニングソフト「SilverFast 8」を使ってみて中判フィルム熱が高まってしまいました。

www.spaceflier.com

で、候補になっているカメラが3つほどあるんですが、ひとつめがコレ。

HORSEMAN VH-R

Horseman VH-Rというフィールドカメラ。距離計を使ってレンジファインダーとして使うこともできるし、アオリ操作もできるのにシノゴじゃなくて120のロールフィルムが使えるカメラ。フィルムバックはリボルビング機構を搭載していてカメラを動かさなくても縦横のレイアウトを切りかえられるという全部入り感がすごいカメラ。

けれど山に登りながら使うにはやや面倒だなーと次に候補に挙がってきたのがこちら。

Fuji GSW690III

一見普通な感じのカメラですが、撮像面は6x9なのでいわゆるフルサイズの5倍ぐらいでかいレンズ固定式のレンジファインダーカメラです。元々は集合写真などが主要な用途だったみたいですが、GRに近い画角なのでコロナ禍が終息したら山に持っていきたいですよね。

んで、そんなことを考えていたら「だったらもっといいやつあるじゃん」と思い至ったのが

DSC_0169 copy

これです。

というかすでにうちにあるんですよね。PENTAX 67…
修理すればいいだけじゃんって話ではあるんですけど一度火が付いた物欲はそう簡単に収まりません。こまったこまった…

とりあえず気を静めるために67からKマウントへ変換するマウントアダプターを購入してみました。

レンズが欲しい

さて、中判カメラも欲しいけれどレンズも欲しいわけですね。少し前にPNETAX K-1 MarkIIを購入したのですが、手持ちのレンズはキットになっていた標準ズームが1本のみ。

HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WRはそれなりに使いやすいレンズではあるんですが、これ1本では物足りない部分があるのも事実。そんなわけで何本か欲しい単焦点が出てきました。

それがこの3本。奇しくもPENTAXと言えばのHiさんが「今後もっと使っていきたいレンズ」として選んでいた3本と一致していたのですが、非常に納得感のあるエントリーでした。特に31mmと50mmはPEN-Fで使っていたレンズと画角がとても近いだけにとても心くすぐられます。

blog2.hisway306.jp

プラモもアレコレと欲しくなってしまった

f:id:sfTKL:20200503091026j:plain
シド・ミードの画稿とプラモをならべてプリントしてみたり

フィルムのスキャンや部屋撮りからカメラやレンズが欲しくなるという流れから気を紛らすために、被写体を作る活動にシフトしたわけですがこれはこれで物欲を刺激してきます。シャープな面構成で塗装の手間やライティングが映えそうだという理由で手始めにMG 1/100 Concept-X6-1-2 ターンエックスを作ったのですが、予想以上の出来で15年ぶりぐらいにプラモ熱が高まってしまいました。(素組み以上のという意味で)。

となると…次に欲しくなるのは当然アレと言いたいところなんですが、最近は下記のような手頃なエアブラシも出てきているようでカーモデルやエアクラフトも気になってきました。

筆塗りやっぱめんどくさいんじゃ…

お題「#おうち時間