SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

振り返ったら白目になった買ってよかったアイテム2020!

年の瀬ですね。今年はコロナに始まりコロナに振り回されつつ暮れていく感覚です。体感的に外出は大幅に減って、その分、出費も抑えられている気がするんですが「これは買って良かったなぁ」っていうものを振り返る毎年恒例のアレのためにアマゾンとか楽天(やマップカメラ)の購入履歴を振り返ってみたら気絶しそうになりました。

ホビー部門

コロナ禍で時間に余裕ができてしまったがゆえに再燃したプラモ熱。2020年も前半は地道に筆塗りでやっていたんですが、だんだんと大きな面を塗ることが増えてきたので最近よく見かけるUSB充電式でコンプレッサー一体型のエアブラシを購入してみました。これが思いのほか快適で細吹きとかは期待できないんですが、ズバーッと面を塗ったりグラデーションかけるぐらいのことは十分にやれるので、もっと早く買っておいてもよかったなと。

f:id:sfTKL:20200728162549j:plain

1000円ちょいでデスクトップにジュラ紀が誕生するぞ!っていうめちゃくちゃ楽しいキットです。楽しさが過ぎて勢いでよく分からない動画も作ってしまいましたね。

www.spaceflier.com

f:id:sfTKL:20200503091026j:plain

今年はプラモ熱が再燃したものの、以前めんどくさくなってしまった原因の超がんばって作るというのをやめて見えないところはすっ飛ばすを実践したことでMG(マスターグレード、まじめにやるとめちゃくちゃ組むのがめんどくさい)も無事完成させることができました。ターンエックスはアレンジ変えてもう一回作ってもいいかも知れない。

模型とか作ってると削りカスが出たりとなんだかんだで机周りが汚れますよね。拭き取るでもなく、普通のサイズの家庭用掃除機を出すってほどでもない。そんな時にこいつがあるとシュッと解決。連続動作時間は短いですが、車の中を掃除するぐらいなら十分だったりするので模型の片付けだけじゃなく、けっこう活躍するシーンは幅広い。

アウトドア部門

今年は雪の中の撮影を増やそうかなと考えてハードシェルを追加しました。同じシリーズのトレッキングパンツを以前から履いていて、ストレッチ性・防水性・保温性のどれも気に入っていたので。ハードシェルながら肌触りが良くて着心地がいいのがうれしいですね。

書籍部門

温泉ブログ 山と温泉のきろくのももさんの著書。ももさんのブログは毎回ものすごい密度の情報で、「ここどうなんだろう?」という疑問を細かく解決してくれる気持ち良さがある一方で量的に重い(すいません)のですが、紙の本(ブログとは別に書き下ろしたそう)となっていることでゴロゴロしながら気楽に読めるのがとてもいいです。紙になったことで情報がアップデートできない面もありますけど、情報の周りにある手触りみたいな感覚はウェブと紙で一長一短だなぁなんて感想も改めて抱きました。

等倍を超えるマクロ撮影のことがこってりと解説された一冊。機材を応用していくノウハウや撮影の苦労などがもりだくさん。スマホに領域が浸食されて斜陽感が出てきているカメラ業界ですけど、これこそシステムカメラだからこそ到達できる領域の撮影ということを感じられます。

キルラキルとかグレンラガン好きなら迷わず買え!という画集。ベタな塗りと線の強さがめちゃくちゃ気持ちいいイラストが怒濤のボリュームで押し寄せてきます。

ヘッドホン・イヤホン部門

カメラ関連部門

f:id:sfTKL:20200929181730j:plain

なんでしょうね。今年は仕事とともに収入も大幅に減ったハズなんですが購入履歴を見る限りとても景気が良かったように見える不思議。

のっけから目眩がしそうなリストになってます。マウントを乗り換えるとこういうことになるという結果ですね。これまで色々なメーカーのカメラを使ってきましたが、どうやらしばらくここ(PENTAX)で落ち着きそうです。PENTAXがらみのメディアを起ち上げてみたりとかしたこともあるんですが、撮影していて楽しいカメラなんですよ。レンズの描写もいいですし。

www.spaceflier.com

ちなみに個人的に最高の50mmなんじゃないかと感じるDFA★50mm F1.4ですが、キヤノンEFマウントやニコンFマウント向けにトキナーからOPERAというブランドでもリリースされています。いいお値段のレンズなのでいきなり購入するのはね…という方はgoopassというサービスで長期レンタルすることもできますよ。

goopass.jp

ペンタファンで撮影風景やロケーションの説明に使おうという建前で買ったんですが本音は「楽しそうだから買っちゃった……」というのが正解。家族で登山のときに軽く動画を撮ってみたり記念撮影してみたりに使っても楽しい。楽しいんだけどPocket2買った方が満足度高いと思います。

便宜上キヤノン用をリンクしていますが購入したのはPENTAX用。ディフューザーなど周辺のアクセサリーや光の質など含めてかなりコスパに優れたクリップオンストロボだと思います。同じくGODOXでTT600というとても廉価なモデルもあるのですけど、最初の一台はTTLに対応したV1かV860 IIあたりがオススメです。

www.pentafan.com

この辺りはストロボというかライティング周りのあれこれ。フラッシュメイトはスタジオ撮影しない人(風景とかスナップ中心の人)でも持ってて損はないアイテムです。単純に光を測る機能としても信頼性があるものですが、光を測る=光を丁寧に探すってことになるので写真のうまさにわりと直結します。

今年になってまたフィルム熱が高まってリバーサルフィルムを眺めたいので買っちゃった……

f:id:sfTKL:20201204133930j:plain

フィルムと言えば……
うっかりお手頃な価格でPENTAXのAFフィルム一眼レフ「MZ-5」を見つけてしまい、その勢いでこれまた4000円というお手頃価格で転がっていた50mmレンズも買ってしまいました。

2020年の今ではAF性能に期待して使うようなカメラではないですけど、自動巻き上げやMFでもピントが合えば音で知らせてくれるフォーカスエイドが軽い気持ちでフィルム撮影を楽しませてくれます。

デカいプリンターはいいぞ!

さいごに

お題「#買って良かった2020 」 ということで2020年に買って満足度の高かったものを挙げてみました。

f:id:sfTKL:20200630182803j:plain

最後に宣伝です。今年は世界的にみなさん大変な一年だったと思います。それこそ世界のあり方が変わった一年でした。そんな中、私自身もいろいろと模索をして一冊の本(写真集)を作りました。埼玉県のとある森にある生を写した写真集「Lives in the forest」。ブックパレットとアマゾンで販売していますのでご興味ありましたらぜひ。

bookplt.com

Lives in the forest

Lives in the forest

  • 作者:タケル
  • 発売日: 2020/07/23
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)