SpaceFlier

写真で綴る、趣味と猫と旅行のノート

微かな美しさを探して沢を歩く - 海沢渓谷

_DSC1847.jpg

紅葉が低山に降りてきてそろそろ奥多摩や秩父の沢のある森を歩きたいなと思っていたら、軒並み台風の被害で通行止めとなっているようです。

奥多摩 登山道・道路状況一覧|奥多摩ビジターセンター|自然公園へ行こう!
東京都御岳ビジターセンター|御岳山周辺のコース状況
飯能市 台風19号の影響について
横瀬町 登山者向け情報 2019 台風19号に伴う状況

私自身、台風19号の大雨で避難しましたし、秩父方面へ出かけるたびに台風の爪痕を目にしていたのでそれはそうだろうという感じなのですが、そういえば9月の末に海沢渓谷を歩いたことをまとめ忘れていたことを思い出しました。先ほどのリンクにあるとおり、海沢もまた台風の被害で通行止めになっていますが、写真でその姿を偲びながら一日も早い復旧を祈るばかりです。

テーマを決めて沢を歩く

ということで、海沢渓谷を振り返っていきたいのですが、この日は(というよりここ最近は)ネイチャーフォトを撮影するとき「Liminal Nature」というテーマを設定して撮るようにしています。そのことについてはImaging Worldというもう一つのブログで記事にしていますので、ご興味のある方はご一読いただければ。

imaging-world.net

小さく力強い営み

山頂を目指して歩いていると見落としがちな小さな営み。ただただ沢の周辺だけを歩くと決めてマクロレンズを手に眺めてみると、山には様々な営みが力強く息づいていることに気付きます。

_DSC1646.jpg

_DSC1650.jpg

_DSC1897.jpg

森の光

北に向けて流れる海沢の渓谷。陽の光が差し込むのはわずかな時間しかありませんが、それはとても美しい。

_DSC1710.jpg

_DSC1747.jpg

_DSC1790.jpg

_DSC1722.jpg

水辺の煌めき

長い長い時間をかけて作られた渓谷の風景。岩ひとつ、瀞ひとつとってもそれぞれに積み重ねられた時の流れを感じる。

_DSC1667.jpg

_DSC1782.jpg

_DSC1762.jpg

今は嵐の爪痕で荒れてはいても、それがまた新しい海沢の景色を作るのでしょう。また訪問できる日を楽しみにして。

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S VR Micro Nikkor 105mm f/2.8 G IF-ED フルサイズ対応

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S VR Micro Nikkor 105mm f/2.8 G IF-ED フルサイズ対応